小山台高校ブラスバンド班 高63回生スペシャルコンサート

 3月3日(火)のひなまつりの日、小山台高校を2011年(平成23年)3月に卒業した、高63回生のブラスバンド班卒業生による演奏会を聴きに、スクエア荏原・ひらつかホールに行ってまいりました。
 東日本大震災の年の3月に卒業した子たちですね。
 小山台高校ブラスバンド班が、27年ぶりに吹奏楽コンクール都大会本選で銀賞を受賞した時の3年生でもあります。
 小山台高校ブラスバンド班の卒業生たちは、これから社会人となる大学4年生の最後の春に、同期たちが集まって手作りでコンサートを開くのが近年の伝統みたいですね。
 会場の席で高校の同級生のラグビー班・D組幹事Hくんの奥さんにばったりと遭遇!
 しかしE組Web班の私、奥方から「Kさん?」と声をかけられたとき、てっきり同じ名字でお顔も似ているクラリネットの後輩(小山台ではない)だと勘違いして、「何でこんなところにいるんだコイツは?!」と驚きつつ、

 「久しぃぶりぃ~っ♪ お前元気してたんかよぉ~っ?」
 と、やたら軽い、先輩風を吹かせた口調でしこたま話してしまいまして…(-_-; そのうちに彼女が
 「今日はうちの旦那、来てないんですよ」
 と言ったもんだから
 (ゲッ!旦那小山台ブラスかよ!)
 と焦りつつ
 「え?旦那って誰? お前、誰と結婚したの?」
 と聞くと
 「え?Hですけど…」

 ここで全ての勘違いに気づいた私(-_-; 奥さんの隣りにはD組Hくんの母上…orz
 合掌(-人-)
 もう少し気づくのが遅かったら「お前、相変わらずキレイじゃん」と、とんでもないセリフを吐くところでした(-_-;
 …さてステージですが、後輩たちが在学時代に演奏した思い入れのある曲が中心のプログラムで、元気でなによりな演奏でした(^^)
 打楽器アンサンブルの「幻のトレイン」、懐かしい!
 合唱のステージもありました。いつも思いますが、楽器より上手いかもです(^^;

 この春からは、新社会人として一歩を踏み出す子も多い彼ら彼女ら。いい仲間たちによる手作りのいい演奏会を聴かせてもらいました。ありがとうございます。

(※掲載画像はプライバシー保護のため、顔の一部にモザイク処理を施しております)

2015年03月03日|2015:2015年のアーカイヴ